top of page
  • acuremee

アルミ玉の作り方

セルフケアで、井穴(せいけつ)や三陰交などのツボを刺激する際に使用して下さい。

アルミ玉を手軽に作って、ツボ刺激の効果を高めることができます。


(作り方・使い方)

① 5㎜角のアルミホイルを小さく硬く丸めます(砂粒の大きさ)

② これを絆創膏に付けて、ツボに貼ります

③ 1日に1回、50~100回程度、軽く痛いと感じるようにツボを刺激する

④ 週5日続けたら2日休みます

⑤ 衛生上、アルミ玉・絆創膏は毎回 取り替えてください


アルミ玉の作り方
5mm角のアルミホイル(左)とアルミ玉(右)

なお、以下のことに気を付けてください。

注1) アルミ玉を貼り続けないで下さい。肌を痛め、効果が弱くなる可能性があります。    衛生上、その都度、新しいアルミ玉を作り、貼り直してください。

注2) 週5日続けたら2日間、お休みします。

注3) 何らかの体調不良を感じた際にはセルフケアを中止してください。

注4) 免責事項: セルフケアの利用に関してトラブルが発生した場合、 利用者または第三者に損害が生じた場合であっても、これが利用者の 自己責任のもと利用されることに鑑み、当院は一切の責任を負いません。


最新記事

すべて表示

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page