top of page
  • acuremee

関節リウマチ

更新日:2023年9月18日

関節リウマチは、自己の免疫が主に四肢の関節を侵し、関節の変形や関節痛を生じる疾患です。膠原病の代表的な疾患の1つで、炎症性の自己免疫疾患です。

関節の炎症が進行すると関節破壊が起こり、重度の身体機能障害やQoLの低下をもたらします。時として四肢だけでなく、脊椎、血管、心臓、肺、皮膚、筋肉といった全身臓器に病変を及ぼすこともあります。

原因は不明ですが、遺伝的要因や喫煙、歯周病などの環境要因の関与が示唆されています。女性に好発し、40~60代で発症することが多いようです。

治療は、発症早期から関節リウマチにおける免疫異常を改善する抗リウマチ薬、必要に応じて炎症や痛みを軽減するステロイド、痛み止めの非ステロイド系抗炎症薬などが使用されます。鍼灸施術では、関節リウマチによる関節の炎症と痛みを抑制し、関節変形などへの移行を防止することが目標になります。


関節リウマチの鍼灸施術
関節リウマチ







閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

膠原病

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page