top of page
  • acuremee

三叉神経痛

更新日:2023年9月18日

三叉神経痛は、顔面の知覚神経である三叉神経に沿って強い痛みを感じる神経痛です。三叉神経痛の痛みは非常に強く、突発的であることが特徴です。一瞬または数秒程度の痛みであったり、長くても数十秒程度で治まることがほとんです。5分以上続くような痛みなどは三叉神経痛ではない可能性が高くなります。

三叉神経痛は、洗顔、ひげそり、化粧などの日常動作で痛みが誘発されます。冷たい水を飲んだり、食事で物を噛んだりすることでも痛みが誘発されます。

三叉神経痛の約90%は、血管による三叉神経の圧迫が原因と考えられています。そのほか、腫瘍や血管の奇形、あるいは帯状疱疹が原因となることがあります。したがって、顔面に強い痛みが現れたときには、初めに専門医に相談することが勧められます。理由がなく痛みが続く場合や帯状疱疹後神経痛などの場合には、鍼灸施術で三叉神経の興奮を抑えることで鎮痛できることもあります。


三叉神経痛の鍼灸施術
三叉神経痛





閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page