top of page
  • acuremee

へバーデン結節 & ブシャール結節

更新日:2023年9月18日

へバーデン結節は、指の第一関節(DIP関節)が曲がったり、腫れたりして、徐々に骨が変形する変形性関節症です。

ブシャール結節は、指の第二関節(PIP関節)が同様に変形する変形性関節症です。

いずれの疾患も明確な原因は分かっていませんが、40代以降の女性に発症するケースが多いと示唆されています。

初期症状として第一/第二関節が赤く腫れたり、痛みを発したりすることが多く見られます。この段階で鍼灸施術を行えば、関節変形に至る前に症状を抑制できる可能性があります。一度変形してしまった関節は通常、元に戻すことはできませんので、早期にご相談頂くことをお勧めいたします。

へバーデン結節&ブシャール結節の鍼灸施術
へバーデン結節&ブシャール結節



最新記事

すべて表示

肩こり

生理痛

Kommentare


Die Kommentarfunktion wurde abgeschaltet.
bottom of page